HOME > 自然換気装置エコレーター > 定風量型自然換気装置 エコレーター ER-f

定風量型自然換気装置 エコレーター ER-f

定風量型自然換気装置 エコレーター ER-f 換気時は定風量、突風時は閉鎖 自然の風でフラップをコントロール

ER-fは新たに開発した独自の機構と特殊な形状のフラップにより、風の強さに応じて外気の流入量をコントロール。つねに一定量の換気が得られる次世代型の自然換気装置です。

特長

Point1 突然の強風や暴風雨のときは、フラップが風の力で自然に閉鎖。万一の場合でも安心です。
Point2 超高層ビル、庁舎、マンション、病院など、建物用途に応じて設定風量を調整できます。
Point3 コンパクトで施工性に優れるユニットタイプ。
Point4 デジタル方式を採用し、さまざまな制御や通信システムに対応可能。

動作

定風量 換気時

定風量 換気時

設定風量までは開放状態を保ち、外気を取り込みます。設定量以上の風が流入した場合、フラップが閉鎖方向に回転し、室内に取り込む外気の量をコントロールしてほぼ一定に。設定量は任意に調整できます。


自動閉鎖 突風時

自動閉鎖 突風時

換気時に突風や強風が吹き込んだ場合は自動的に閉まりますので、強風や雨の吹き込みがなく万一の閉め忘れにも安心。ナイトパージ(夜間冷房)に最適です。


完全閉鎖

完全閉鎖

完全閉鎖を必要とする場合、モーターによってフラップを強制的に閉鎖することが可能です。フレーム内に設けられた気密材と、フラップが密着することによって、優れた気密・水密性が確保できます。


作動原理

作動原理図

微風時から設定風量まで、フラップは端部にある独自のバランス機構で開放状態を保ちます。設定風量以上の風がフラップを通過すると、表面に圧力の差が生じて回転力が発生。閉鎖方向にフラップが動きます。

※高:流速が遅く圧力が高い
※低:流速が速く圧力が低い


基本性能

●製作範囲 ユニットW500〜1500mm
●気密性 A-4等級相当(2等級)
●水密性 W-5等級相当(圧力差500Pa)
●耐風圧性能 S-7等級相当(3600Pa)

※上記以外のサイズについては、お問い合わせください。

基本仕様

外部センサーとの接続や、中央監視室からの制御が可能なシステムもあります。詳しくはお問い合わせください。

タイプ 適用サイズ(mm) 操作方法 電気特性
定風量
フラップ
開口幅 有効開口 開口長さ 手動 電動 電動・手動
(非常時)
定格電圧 定格電流
81.5 78 500〜1500 ○※ AC100V
50/60Hz
1.5A MAX

※電動・手動併用(非常時)はオプションとなります。詳しくはお問い合わせください。

納まり例

縦断面図 横断面図
お問い合わせ・資料請求はお気軽に! お問い合わせ・資料請求

ページTOPへ